hirakou_hirame-korocckeの日記

主にレースレポ

レースレポート

 

第53回 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会

 

クラスタ:E1

距離:90km(6km×15周)

周回賞(優勝者の10%のポイント):5、10周目

 

アップはローラーで15分ほど軽く脚を温めてから実走で出力を上げていった。

 

 

1~3周の間は細かいアタックは発生するものの、集団が活発かつアタックを仕掛けるメンバーが逃げ切れるメンバーでないと判断し集団内から様子を見て逃げを作るタイミングを伺う。

 

似たような流れのままレースは展開してゆき、4周目に差し掛かったところで5周目の周回賞を狙った選手たちが心臓破りの坂で仕掛ける。

 

自分は周回賞狙いでは無いが、周回賞を狙って集団から抜け出した選手と逃げ集団を作るために追走を仕掛ける。

(前回の修善寺で周回賞狙いの選手たちが逃げる展開となり、今回も同じような展開になると予想した)

 

これが上手くいき1周ほど?逃げたが集団に捕まってしまう。

レースがふりだしに戻ったのでまた逃げるタイミングを探る。

 

直後の心臓破りの坂でトム選手がアタック。チャンスだと思い、追走を仕掛け2人で4周ほど逃げるが集団に捕まる。

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20190429141509j:image

(写真 井上和隆)

 

10周目の周回賞でも同じように動いたが決定打とはならない。

 

 

 

 

・群馬のコースは心臓破りの坂がキツイだけで、ほかは下りの惰性でいけてしまうとの話を聞いていた。

・体力を消耗して逃げてもローテーションに加われない選手がいた

これらの理由から心臓破りの坂に差し掛かるたびにアタックを仕掛け、レースをサバイバルな展開へと持ち込む。

 

そして残り2周の心臓破りの坂で山中湖のエンリック選手と抜け出すことに成功する。

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20190429141626j:image

(写真 井上和隆)

 

下りセクションを終え、ゴールまで残り4km地点で20秒ほどのタイムギャップっだったが、最後の心臓破りの坂で10秒まで詰められる。

また、ここでエンリック選手を引き離して独走に持ち込みたかったが失敗する。

 

 

 

 

”あー、今日は負けたわ”

 

 

 

 

”、、、、、  は? 何あきらめてんの?”

そう思われる方がいらっしゃると思いますが、そこには決定的なワケがあるのです。

 

出走メンバーを思い出してください。

山中湖シクリスムフォーマション:トム選手、エンリック選手、森崎選手

EQADS:平井

 

ロードレースをご存知の方は察したことでしょう。

この時点で勝負は山中湖の手の内だったのです。

 

山中湖は後続集団にスプリンターの森崎選手とそのけん引役ができるトム選手がいます。

 

エンリック選手:牽制したまま後続集団に捕まっても他で勝負ができる。私が前を引けば最後にスプリントで刺すだけ。

私:牽制して捕まったら終わり。全力でゴールまで踏んでも負け。

 

ここで私の最善の結果を残すには後続集団に捕まらないようにゴールまで全力でもがくしかなかったのです。

 

 

案の定、最後はエンリック選手の来日初勝利&平成最後の勝利の立役者となりました。

 

 

他を寄せ付けない圧倒的な独走力を身につけなければ今後も今回のようにやられるだけです。

二度と同じ過ちは繰り返さないためには強くなるしかありません。

さらなる独走力をつけて出直してきます。

 

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20190429141855j:image

 

 

 

 

 

 

 

【第2回修善寺ロードレースday-1】

 

 

お久しぶりです。

レースレポートは昨年の国体以来なのでおそよ半年ぶりの投稿ですね。

 


EQADSに移籍して初めての公式戦レースレポートとなります。

 


今まで1時間程度のレースばかりだったので何周目に何があったとかよく覚えていたのですが、距離が倍近くになり一周が短いとイマイチどこでアタックがかかったのかなど覚えきれません。

 


あやふやな記憶を頼りに書いているということをあらかじめご了承ください。

(それ何周目だよ!などのツッコミがありましたら是非お願いします。笑)

 

 

 

それでは修善寺ロードレースのレースレポートです!

 

 

 

 


【第2回修善寺ロードレースday-1】

 


3月16日土曜日

 


クラスタ:E1

距離:80km(5km×16周回)

出走:119名

 

 

今回の作戦としては、まずは逃げ切りを目指す。ただ終盤で単独になれなかった場合は小集団からのスプリントというもの。

3、6、9周目に周回賞が設定され、それぞれに優勝者の20%分のポイントが与えられるとの事だったがこれらは特に考えず優勝だけを狙う。

 

 

 

アップは20分程度で一度だけもがき、あとは脚を回す。

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20190317161135j:image

(アップ中 photo by 小俣 康司)

 

 

ホームストレートは幅が絞られていたが、その後の上り手前で幅員が広がるのでポジションを上げやすいことからギリギリまでアップし、場所どりには加わらないことにした。

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20190317161227j:image

(スタート前、最近から緊張が減ったのは慣れだろう photo by 小俣 康司)

 

 

ローリング中に集団先頭まで位置を上げ、二号橋を過ぎた上り返しでリアルスタートが切られる。

 

 

 

序盤からアタック合戦が繰り広げられ何度か逃げを試みるも、逃げ集団の足並みが揃わずすぐに吸収される。

ずっとこれの繰り返し。

 

 

展開が大きく動いたのは6周目の周回賞時。

これをねらった2選手が集団から少し先行するが、集団に戻ってくると読んだ自分が甘かった。そのまま2人が逃げとなり自分はメイン集団で前を追う形となってしまう。

 

 

タイムギャップは40秒程度なら残り距離もまだ4、50キロあることから追いつけると考えていたが最大で60秒まで開いてしまう。

 

 

このままではまずいと思い、集団のペースを上げて追いたかったがなかなか足並みが揃わない。

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20190317183004j:image

(逃げ2人を追うシーン photo by 小俣 康司)

 

ホームストレートの平坦を引いていたら少し飛び出していたことから集団は頼りにならないと考え単独で追走に出るも下りセクションを終え二号橋を越えた先の上り返しで吸収される。

 

 

レースが半分を過ぎたあたりのホームストレートで逃げのうちの1人がドロップしてきたのでこのままいけば吸収できると判断する。

 

 その後(残り5周あたり?)トムさんと追走に入り、そのまま先頭の選手をパスし2人で逃げ、このまま2人でゴール勝負かと思っていたが後ろから単独で追走してきた選手が追いつき先頭3名の集団となる。

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20190317183307j:image

(レース終盤、勝負は3名に絞られる photo by 小俣 康司)

 

残り一周、ホームストレートで逃げを決めるためにアタックし1人ふるい落すことに成功する。

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20190317183439j:image

(残り一周の鐘がなった直後にアタックするシーン photo by 小俣 康司)

 

しかしもう1人振り切れず、単独になれないまま下りセクションを終える。

 

裏の長い上りで振り切ろうとアタックするもなかなか離せられない。

 

アタックばかりして最後のスプリントで負けてはしょうがないので裏の上りのゴールまで残り1.5キロ地点あたりでスプリントに持ち込むプランに切り替えて脚を溜める。

 

ホームストレートに向かう下りで前に出されてしまったが、残り200mあたりで番手につく。

 

残り100mで相手がスプリントを始めたので冷静にくっつき、残り50mで前の選手をパスしマッチスプリントで勝つことができた。

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20190317183916j:image

(今シーズン初戦で初勝利‼︎  photo by 小俣 康司)

 

受験が12月に終了し即チーム練習に参加。レベルアップは感じていたが、それを結果として残すことができたのでよかった。

またレース中、トムさんがキツイ場面でペースアップをすることが多々ありこれがヨーロッパのレースなのだろうと感じた。

夏休みに参戦する欧州のレースに対応するため、自分からもっと攻めの走りができるようにまた練習に励んでいきたい。

 

 

また、沢山の応援ありがとうございました!

キツイ場面で踏ん張れたり、熱い場面で冷静になれたり力になりました!!

次戦は4/7、チャレンジサイクルロードレースA-Uになります。今回とは逆回りになりますが、コースの感覚はあまり変わらないので今回の良いイメージで勝ちを目指して走ります。

応援よろしくお願いします!

 

 

あ、「ひらこう頑張れー!」って言ってくださるとなお嬉しいです😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福井国体レースレポート

国民体育大会 ロードレース 少年男子

9/29(土)

 

コース:大野市特設周回コース(78.9km)

平均心拍数:172

最大心拍数:205

 

 

台風が近づいている影響で雨の中のレースとなった。レースは一周回減って78.9kmで行われた

 

 

アップはローラーで15分ほど脚を温める程度

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180930205842j:image

(スタート直前、photo by Himeko Suzuki)

 

 

スタートして3キロほどの地点でリアルスタート

 

1周目の上りきりまでに数人が飛び出すがどれも決まりそうにないので集団内で待機

 

 

(あまり斜度のない上りが多い為、先頭で踏んでも後ろが休まるだけと水野さんからアドバイスを頂いていた)

 

 

集団内20番手ほどで下りセクションに入るとすぐ手前で中切れ発生

 

 

下りきったところでは5〜10人くらいの逃げが出来ていたが山梨からは風間がこれに乗っていたので焦らずに済んだ

 

 

2周目の上りが始まる手前で35秒のタイムギャップをバイクから知らされる

 

 

集団内で話し合い、30秒のローテーションで前を追うことに

 

 

その後は差がどんどん縮まり、上りセクションの中間ほどの地点で前を吸収する

 

 

1周目の影響で下りに入る手前での位置どりが激しくなるが、10番手ほどで下り始めた

 

 

予想通り前方の数人で少し抜け出しかけるが集団のまま、しかし後ろで前を追うより前待ちの方が明らかに楽であった

 

 

3周目も数人の逃げが形成されるが、有力どころがまだ集団に沢山いたので逃げとの差をコントロールしながらこなしていき上りきるところで吸収する

 

 

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180930213401j:image

(集団前方で位置取る、photo by Akihiko)

 

 

そして4周目の橋を渡り、上り始めの位置で鹿児島2人が逃げていることを知る

 

 

15分ほどの長い上りであることから上り始めたら徐々にペースアップして詰めていこうと考えた

 

 

中腹あたりで追走に出るが集団に吸収される。その後はそのままローテーションに加わり逃げとの差を縮めていく

 

 

林に囲まれた斜度の上がる地点でメイン集団から2人が追走を仕掛けるが、自分は集団の三列目あたりに位置取っていたので見送る羽目になってしまう

 

 

林に囲まれた区間を抜け、再度斜度が上がる地点(山頂まで約1.5キロ地点)で追走のアタック

 

 

奈良と2人で抜け出し先頭にジョインするも自分の動きで集団のペースが上がってしまい集団は1つに

 

 

有力どころと複数人で逃げタイムギャップを十分につけて下り切りたかったが、上りの残り距離でアタックを決めに行く体力があるようにも思えなかった為ペースでこなす

 

 

最終周の下りが終わる頃には自分を含む10人の逃げができていて、すぐ後ろには20人弱の集団

 

 

これを決めるために逃げ集団を積極的に引くが、

 

 

(ん?内転筋がピクピクしてるぞ?やばい、つる)

 

 

ここで引いてオールアウトしては全日本の時と同じ展開になってしまうと予想出来たので、最終局面で勝負するためにも一旦集団の最後尾で脚をためる

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180930205702j:image

(FRESHライブ配信より)

 

先頭の10人には逃げを決めたい意思の選手が多かった為なかなか捕まらなかったが残り6キロ地点で捕まり先頭は19名に

 

 

ゴールまで残り5キロほどのところで脚のつりは和らいだ

 

 

残り約3、4キロ地点で長野の選手が1人飛び出す

 

 

これが結構やばそうで自分もローテーションに加わり、捕まえるところでカウンターアタックをしようと考えた

 

 

丁度そのタイミングで愛知の津田選手がカウンターアタック、どうやら同じ事を考えてた?ので自分も乗り、2人で逃げようとするがなかなか差が開かない

 

 

残り1キロ過ぎたところで自分が先頭を引いていたが、2番手の選手がローテーションから外れたことで1人飛び出すことに成功する

 

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180930211529j:image

(それがこの時、FRESHライブ配信より)

 

 

こここら単独逃げ切りを狙う

 

 

そしたら、集団にいたチームメイトの風間が自分の逃げを確認し集団を牽制させる為に自らが集団の先頭に出てスピードを緩めてくれた

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180930212126j:image

(それがこのシーン、FRESH ライブ配信より)

 

そして差はどんどんと開いていく

 

 

最終コーナーを単独で抜けたあたりで勝利を確信し観客に声援を煽るが、

 

(ん?なんかやばない?差なくない?)

 

と、ここで慌てて踏み直す

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180930213200j:image

(あぶねぇ、FRESH ライブ配信より)

 

ゴール前、ライブ配信から応援して頂いていたみなさん、ヒヤヒヤさせてすみません

 

(会場で応援して下さっていた水野さんのお母様より、「ツールの見過ぎよ」)

 

こんな感じで僕の平成最後の国体は幕を閉じました。

 

 

 

ここで一先ず今年のシーズンに幕を閉じます。(この惰性でジャパンカップ走りたかった…)

 

地元紙の通り、これからは大学合格を目指して勉強に専念します。

 

早くても12月、合否によっては3月から乗り始める事になるので来年のスタート時には周りとの差ができていることは確実ですが、、、絶対に競技は辞めません!!!

 

僕はロードレース界のもっと高いところを目指していきますよ!!!

 

なのでこらからも応援よろしくお願い致します。

 

 

最後に、こうやって競技をできているのは家族やyoucanの方々を始め沢山の方々が色々な面からサポートしてくださったおかげです。本当に感謝しかありまさん。ありがとうございます。

(会場で運営をして下さっていた方々も雨の中お疲れ様でした。)

 

 

以上、今年最終レースのレースレポートでした!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YOUCANエンデューロin日本CSC

【レースレポート】

YOUCANエンデューロ

9/9(日)

コース:日本サイクルスポーツセンター(時計周り)

天気:晴れ/曇り 27°c(10時)

平均心拍数:169

最大心拍数:208

 

 

地元での練習会がなかった為、急遽参戦

 

 

約2ヶ月ぶりのレース

 

 

MTBマスターズ全日本チャンプの品川さんをはじめとしたyoucanの強いスタッフの方々が走られるとのことなのでいい練習になる予感

 

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180914165438j:image

(スタート前、100人近いクラブ員の方の前で一言。急に振られたので何を言ったか覚えてない。photo by Sugiyama )

 

 

レースは3時間のエンデューロレース

 

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180914204236j:imagef:id:hirakou_hirame-koroccke:20180914204247j:image

(ローリング中、youcanの店長さんたちと、photo by Sugiyama )

 

 

 

リアルスタート後は5人で先頭グループを作りいいペースで進めていく

 

 

 

前々日の体育祭で張り切りすぎて昨日は全く踏めなかったので様子を見ながら走るが、悪い訳ではなさそう

 

 

 

ひたすらいい感じのペースでローテーションを回す

 

 

残り1時間を切ったあたりから脚がつりそうな感覚だったので水よりも吸収の早いCCDを多めに入れる

 

 

結局残り1周になるまでは大きな動きはなく進んだ

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180914205011j:image

(身体が細い、photo by Sugiyama)

 

残り1周、自分も結構限界に近かったが周りの脚を見るために最後の長い上りでアタック

 

 

宅島さんはべったり付いてきたのでまだ余裕がありそうだった

 

 

単独逃げを決めにいくよりスプリントに持ち込んだ方が勝ち目がありそうだった(過去にスプリントでの優勝経験あり)ので登り切るときの集団3人(宅島さん、嶌田さん、自分)の最後尾に付ける

 

 

宅島さん、嶌田さん、自分の順で下り、上り返して慣性がなくなってきたところでロングスプリントをかける

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180914204330j:image

(最終コーナー、photo by Sugiyama )

 

 

宅島さんがマークしてきたが最後は競り勝つことが出来た

 

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180909215354j:image

(この写真、結構お気に入り)

 

 

夏休みは勉強との折り合いもあったが、週末は地元高校との練習に参加し昨年の夏よりも質の高い練習ができていたので脚の攣りも少なくなったように感じた

 

 

夏休みでどれくらいレベルアップしたかわからないが、出来る限りの準備をして国体に挑もうと思う

 

 

 

改めて沢山の方々の支えがあって競技ができていることを感じました。これからもまわりの方への感謝を忘れずに頑張りますので応援よろしくお願いします!

 

f:id:hirakou_hirame-koroccke:20180911214715j:image

(いつも近くで応援してくださる山梨店の方々と)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【レースレポート】
第17回JBCF石川サイクルロードレース/第7回JBCFジュニアユースロードチャンピオンシップ

 

クラスタ:Y
距離:61.4km(13.6km×4周回+ 3kmパレード)
天気:曇りのち晴れ、32°c(9時)
結果:3位

 

国体に選ばれなければ今シーズン最後となるであろうレース。

前日は9時半頃に寝付くも夜中の1時半頃に肩に痛み?違和感?を感じて眼を覚ます。

自分で揉みほぐしてみても良くならず、どうやら波があるよう。
原因はメンタル的なもののようにも思えてきた。

結局そのまま寝られずに日の出を迎える。

(カイロプラクターの先生に相談したところ自律神経の問題なども原因とのこと)

アップを始めたら気持ちも紛れてきていつものように準備しつつ、水分補給には細心の注意を払う。

最初は3キロのパレードなのでギリギリまで日陰で休み集団最後尾からスタート、リアルスタートまでには先頭付近までポジションを上げる。

リアルスタート後はお決まりのアタック合戦、2周目の最後の長い上りだっただろうか、一度自分を含む4名が逃げるも約1周逃げたところで吸収される。

集団の人数は勝手に減っていったようで10人程度の集団だった。

その後もかなり良いペースで進む。

約1周半ほど残したところの長い上りでアタックが掛かる。3人が少し飛び出してメンバーも良いので逃したらまずいとわかってはいたものの、足が限界だったらしく乗ることが出来なかった。

一度5、6人の集団に戻り追走を試みるも、前を捕まえたい人が少なくうまくローテーションが回らない。

最終周回のジャンを聞く頃には前と約1分半も差が開いていた。

下りセクションを終え細かなアップダウンのところで足がつり遅れるが、幸いその後の下りで追いつき騙し騙し走る。

ゴール前の長い上りは集団のまま終え、平坦区間をこなし、いよいよ最後の上りへ。
先頭交代を要求されたが足もつりかけていた上に、もう前には追いつけないと判断したので拒否する。

残り500m付近の補給所手前で渾身のアタック、誰もついてこずそのまま集団の先頭を獲る形で3位となった。

今回の失敗の原因は逃げに乗る力がなかったこと、それに尽きる。

冬から自分なりに周囲のアドバイスを元に試行錯誤して練習してきたが、今シーズンを通してやってきたことはまだまだ周りと比べて薄いものであったと、今日も含めここ最近のレースで痛感させられた。

自分の納得いく結果が残せず悔いの残るシーズンでしたが、これが現実で何が良くて何がいけなかったのか、自分なりに考えていきます。

応援してくださった方々、ありがとうございました!!!

【レースレポート】

高石杯 第53回関東地域自転車道路競争大会

 

コース:日本CSC(反時計回り)
クラス:一般男子
距離:63.5km(5km×12周回)
天気:晴れのち曇り、28°c(10時)
平均心拍:182(ブライトン)
最大心拍:201(ブライトン)
結果:2位

 

昨年、高校生男子で優勝した大会。
来週の石川ロードの為に出来るだけ距離を乗りたかったので一般男子でのエントリー。

曇っていたので去年のこの時期より格段に走りやすい気温であったが、暑いことに変わりないので朝から意識的に水分を補給する。

スタートアタックが掛かるが単独だったので少し様子見、案の定一周終わる前に吸収。自分は集団前方を常にキープし、ペースで走りながら逃げを潰す動きをした。

2周完了し3周目のゴールライン後の上りでアタック、シッティングのまま高ケイデンスで掛けたので上手く抜け出すことに成功し単独逃げ。

そのまま約1周半経った頃に3人がブリッジしてきて逃げ集団は4名に、この頃のメイン集団とのタイムギャップは約30秒。

このコースでこのタイムギャップは埋められない。追いつかれたとしてもこっちの方が楽と思い、勝敗はこの4人で争うと判断。

残り4周回といったあたりから、逃げようとする動きをする選手が出てくるがそこは早めに潰す。

9周目の秀峰亭を過ぎた後の上りでアタックし独走に持ち込むが一号橋を過ぎた上りで吸収される。

この辺りで先頭集団は3名に絞られる。

10周目のホームストレートの手前の下りが終わるところでアタック。独走に持ち込めるかと思ったがその後の一号橋を過ぎた上りで吸収される。

11周目からはアタックと牽制が繰り返される。
逃げて勝ちたかったが、決まりそうにないのでこの時点でスプリントに切り替える。

勝負は最後の上りスプリント、自分は2番手につけ後ろも確認しながら仕掛けるタイミングを伺う。
3番手の選手が仕掛けたところでその番手につけるが、内腿が攣ってしまいまくることができず2位となった。

最終的には自分の勝ちパターンに持ち込むことができたが、今日は逃げて勝とうと思い、それにトライしたことで最後のスプリントに向けて十分に脚を残すことが出来なったが、ここ最近では1番積極的に動くことが出来たレースだと思う。

来週の石川ロードに向けて手ごたえを感じることが出来た。

今回は負けましたが来週は勝ってブルージャージを頂こうと思います。

応援、補給などサポートして下さった方々、ありがとうございました!!!

【レースレポート】

第87回全日本自転車競技選手権大会ロードレース
(2018.6.23.sat)

 

カテゴリ:男子ジュニア
距離:85.0km(14.2km×6周回)
天気:曇り時々雨
結果:55位/145人

 

いつも走っているJBCFのレースは40キロ前後のレースなので85キロを走ることは初めてのことだった。
念の為に前日からいつも以上にカロリーを摂取した。

移動からなるべく疲れを溜めないように工夫した甲斐あってレース当日にはフレッシュな状態で挑むことができた。

ローラーで3、40分ほどじわじわと心拍を上げる。

ギリギリに並んだつもりだったが、スタート時には集団の中盤あたり、先頭の様子が確認できる所に並ぶことができた。

1周目の牛舎の激坂までに先頭10番手程度に上がり、以降は先頭から2、30番手の間に位置し有力どころの動きを把握できるようにした。

散発的にアタックがかかるが、どれも逃げれそうなものではないので少し様子を見ながらローテーションに加わる。

3周目に逃げが形成されるが反応出来ずに集団内でこなす。

4周目に補給を取るため左手をキープしていたら、その周で補給を取りたい選手が右手から番手を上げながら左手に来たので集団後方まで落ちてしまったが、その後の登りで落ち着いて先頭の動きに反応できる位置まで戻る。

5周目から逃げを捕まえるために集団のペースがじわじわと上がり、平坦区間で集団は1つになり一度落ち着く。
6周目で勝負の掛け合いになることが予想されたので有力選手の位置を常に把握する。

そして6周目、最初の登りで日野選手のアタックがかかる。マークしていたので反応したかったが、足の残り具合が格段に違った。ここで足がピクピクしてきたのでペースで前を追うしか為すすべがなかった。

その後吸収して集団は1つのまま牛舎の激坂へ、足に違和感を感じながらこなそうとすると太ももがつってしまって一気に集団から離れてしまったが、平坦と下りで追いつき集団内でも位置をあげる。

平坦区間ではつった足をだましながらこなせたが、残り約2キロ地点の短い登りでペースアップがあり、そこで完全につってしまい足が回らなくなる。
もう止まるしかなく、落ち着くのを待ってからゴールまで帰ってきた。

もう少し足を溜められる局面が所々あったように思うが、まだまだ同年代の日本のトップとは差(体力的にも技術的にも)があることを痛感させられたレースだった。

しかし埋められない差だとは感じていないので、まずはこの差を埋める方法を考えてトライしていく。そしてなんとしてでも埋める。