hirame-koroccke

フランス遠征のあれこれ

【レースレポート】

高石杯 第53回関東地域自転車道路競争大会

 

コース:日本CSC(反時計回り)
クラス:一般男子
距離:63.5km(5km×12周回)
天気:晴れのち曇り、28°c(10時)
平均心拍:182(ブライトン)
最大心拍:201(ブライトン)
結果:2位

 

昨年、高校生男子で優勝した大会。
来週の石川ロードの為に出来るだけ距離を乗りたかったので一般男子でのエントリー。

曇っていたので去年のこの時期より格段に走りやすい気温であったが、暑いことに変わりないので朝から意識的に水分を補給する。

スタートアタックが掛かるが単独だったので少し様子見、案の定一周終わる前に吸収。自分は集団前方を常にキープし、ペースで走りながら逃げを潰す動きをした。

2周完了し3周目のゴールライン後の上りでアタック、シッティングのまま高ケイデンスで掛けたので上手く抜け出すことに成功し単独逃げ。

そのまま約1周半経った頃に3人がブリッジしてきて逃げ集団は4名に、この頃のメイン集団とのタイムギャップは約30秒。

このコースでこのタイムギャップは埋められない。追いつかれたとしてもこっちの方が楽と思い、勝敗はこの4人で争うと判断。

残り4周回といったあたりから、逃げようとする動きをする選手が出てくるがそこは早めに潰す。

9周目の秀峰亭を過ぎた後の上りでアタックし独走に持ち込むが一号橋を過ぎた上りで吸収される。

この辺りで先頭集団は3名に絞られる。

10周目のホームストレートの手前の下りが終わるところでアタック。独走に持ち込めるかと思ったがその後の一号橋を過ぎた上りで吸収される。

11周目からはアタックと牽制が繰り返される。
逃げて勝ちたかったが、決まりそうにないのでこの時点でスプリントに切り替える。

勝負は最後の上りスプリント、自分は2番手につけ後ろも確認しながら仕掛けるタイミングを伺う。
3番手の選手が仕掛けたところでその番手につけるが、内腿が攣ってしまいまくることができず2位となった。

最終的には自分の勝ちパターンに持ち込むことができたが、今日は逃げて勝とうと思い、それにトライしたことで最後のスプリントに向けて十分に脚を残すことが出来なったが、ここ最近では1番積極的に動くことが出来たレースだと思う。

来週の石川ロードに向けて手ごたえを感じることが出来た。

今回は負けましたが来週は勝ってブルージャージを頂こうと思います。

応援、補給などサポートして下さった方々、ありがとうございました!!!