hirame-koroccke

フランス遠征のあれこれ

【レースレポート】
第17回JBCF石川サイクルロードレース/第7回JBCFジュニアユースロードチャンピオンシップ

 

クラスタ:Y
距離:61.4km(13.6km×4周回+ 3kmパレード)
天気:曇りのち晴れ、32°c(9時)
結果:3位

 

国体に選ばれなければ今シーズン最後となるであろうレース。

前日は9時半頃に寝付くも夜中の1時半頃に肩に痛み?違和感?を感じて眼を覚ます。

自分で揉みほぐしてみても良くならず、どうやら波があるよう。
原因はメンタル的なもののようにも思えてきた。

結局そのまま寝られずに日の出を迎える。

(カイロプラクターの先生に相談したところ自律神経の問題なども原因とのこと)

アップを始めたら気持ちも紛れてきていつものように準備しつつ、水分補給には細心の注意を払う。

最初は3キロのパレードなのでギリギリまで日陰で休み集団最後尾からスタート、リアルスタートまでには先頭付近までポジションを上げる。

リアルスタート後はお決まりのアタック合戦、2周目の最後の長い上りだっただろうか、一度自分を含む4名が逃げるも約1周逃げたところで吸収される。

集団の人数は勝手に減っていったようで10人程度の集団だった。

その後もかなり良いペースで進む。

約1周半ほど残したところの長い上りでアタックが掛かる。3人が少し飛び出してメンバーも良いので逃したらまずいとわかってはいたものの、足が限界だったらしく乗ることが出来なかった。

一度5、6人の集団に戻り追走を試みるも、前を捕まえたい人が少なくうまくローテーションが回らない。

最終周回のジャンを聞く頃には前と約1分半も差が開いていた。

下りセクションを終え細かなアップダウンのところで足がつり遅れるが、幸いその後の下りで追いつき騙し騙し走る。

ゴール前の長い上りは集団のまま終え、平坦区間をこなし、いよいよ最後の上りへ。
先頭交代を要求されたが足もつりかけていた上に、もう前には追いつけないと判断したので拒否する。

残り500m付近の補給所手前で渾身のアタック、誰もついてこずそのまま集団の先頭を獲る形で3位となった。

今回の失敗の原因は逃げに乗る力がなかったこと、それに尽きる。

冬から自分なりに周囲のアドバイスを元に試行錯誤して練習してきたが、今シーズンを通してやってきたことはまだまだ周りと比べて薄いものであったと、今日も含めここ最近のレースで痛感させられた。

自分の納得いく結果が残せず悔いの残るシーズンでしたが、これが現実で何が良くて何がいけなかったのか、自分なりに考えていきます。

応援してくださった方々、ありがとうございました!!!